2021.08.03

MiGrep2 ver1.8試作版

保存できる履歴数変更や履歴内容の編集機能追加の要望がありましたのでver1.8に反映させるための試作版を作ってみました(ver1.8候補であることから内部バージョンは1.79となっています)。

 

今までは履歴削除ボタンを設定パネルに配置して各履歴の削除だけが出来ましたが、本バージョンではパネル上で履歴に関する部分を独立させました。

Migop1

 

履歴の編集は以下のパネルで行います。管理する履歴を選択すると、保存する履歴数と現在の履歴一覧が表示されます。この状態で履歴の追加や削除、保存できる履歴数を編集します(履歴数は最小5~最大30個まで設定できます)。また「消去」ボタンを押せば現在の履歴が全て消去されます。尚、編集後は「更新」ボタンを押して保存します。編集後に「保存」ボタンを押さないで他の履歴に切り替えたり設定パネルを閉じたりすると編集結果は保存されません。

Migop2

 

現時点では履歴を編集した後に他の履歴に切り替えたり設定パネルを閉じたりしても何ら警告を出さずにスルーします。正式版までにはこのままにするか何らかの状態監視と警告処理を入れるかどうかを考えます。

 

32biti版MiGrep2本体

ダウンロード - migrep179.zip

 

64bit版MiGrep2本体

ダウンロード - migrep179x64.zip

 

お使いのMiGrep2に合わせてどちらかをダウンロードして展開したMiGrep2.exeをインストールフォルダに上書きコピーして下さい。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021.07.15

MiGrep2 ver1.63(検索結果の文字列をコピー出来るようにした)

コメントのリクエストに答えて検索結果ビュー内の選択文字列をクリップボードにコピー出来るようにしました。

検索結果ビューのコピーしたい文字列を選択して、Ctrl+Cキーを押すか右クリックで表示されるボップアップメニューの「コピー(C) Ctrl+C」を選択すればクリップボードに選択文字列をコピー出来ます。

 

Mig163

 

・・・TRichEditコントロールって、標準で切り取り、コピー、貼り付け、削除、が出来るものだと思っていたのですが、そうではなかったということがわかりました。TMemoコントロールは標準で編集ポップアップメニューが表示されるんですよね・・・

※現時点ではMiGrep2自体の編集メニューで検索結果のコピーは出来ません。編集とのマージをどうするかは今後考えます。

 

公開ファイルはMiGrep2本体のみです。

上が32bit版、下が64bit版となります。

 

ダウンロード - migrep163.zip

  

ダウンロード - migrep163x64.zip

 

 

 

| | コメント (0)

2021.04.20

MiGrep2 Ver1.62(検索フォルダ指定に正規表現を使用できるようにしてみた改良版)

翌々考えたら、正規表現を括るための[]はフォルダ名の文字として使用できるため誤作動する可能性があることに気づきました(サブフォルダ名を"[サブ1]"のようにしていた場合等)。

そこであらためて考えたのですが、フォルダ名の文字として使用できず、正規表現のメタ文字としても使用しない、//(ダブルスラッシュ)を正規表現の開始コードとすることにしました。

Ver1.61では

C:\Test\[(Hoge[1-5]|Fuga[1-3])]
と指定していたものを


Ver1.62では

C:\Test\//(Hoge[1-5]|Fuga[1-3])
と指定することにしました(//以降の文字列を全て正規表現として処理する)。

 

また、正規表現を指定して検索した場合、検索結果にヒットしたフォルダ名を表示させるようにして、見つかったファイルをプレビューすると検索結果がクリアーされていたのを、タブ切り替えで検索結果を残せるようにしました。

Mig162

 

MiGrep2 ver1.62 32bit版をダウンロード - mig162.zip

MiGrep2 ver1.62 64bit版をダウンロード - mig162x64.zip

 

使い方はVer1.61と同じです。

 

 

 

| | コメント (6)

2021.04.19

MiGrep2 Ver1.61(検索フォルダ指定に正規表現を使用できるようにしてみた版)

要望で頂いていた「検索フォルダ指定に正規表現を使用したい」に対応してみました。

実装方法を色々と考えて試してたりしていたのですが、そのままフォルダ名の一部に正規表現をそのまま指定する方法では、フォルダ名のベース部分と正規表現部分を分離出来ないとの結論にいたりました。正規表現におけるメタ文字(制御記号)である\はフォルダ名のデリミタとして使用されますし、 [], (),{},.等はフォルダ名の一部として使用出来るため、正規表現を含むフォルダ名の中からメタ文字を判定して正規表現の指定範囲を確定させることが出来ないんですね。

それで解決方法ですが、

・とりあえず簡単な方法として正規表現部分をメタ文字[]で括って指定する。

・また正規表現を指定できるのはフォルダ名の末尾側だけとすることとしました(フォルダ名の最後が]で終わっていなければ正規表現が指定されていないとみなします)。

例えば、C:\Testフォルダ内にあるHoge1~Hoge5とFuga1~Fuga3だけを検索したい場合は、

C:\Test\[(Hoge[1-5]|Fuga[1-3])]と指定します。

 

尚、フォルダ名に正規表現を指定しない場合は今まで通りの検索を行います。

 

取り急ぎMiGrep2.exe本体だけをアップしますので、ダウンロードしたzip書庫を回答してMiGrep2をインストールしたフォルダにMiGrep2.exeを上書きしてください(32bit版と64bit版がありますので間違えないようにしてください)。

 

Mig161

 

MiGrep2 ver1.61 32bit版のダウンロード - mig161.zip

 

MiGrep2 ver1.61 64bit版のダウンロード - mig161_x64.zip

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021.02.01

MiGrep2 Ver1.60

Ver1.50から更にファイルアクセス時のエラートラップを強化しています。

また、ファイルマスクに*.*を指定して全てのファイルを検索することも想定して、テキストファイル以外のファイルをスキップする、一定サイズ以上のファイルをスキップする(従来の32bit版では500MB、64bit版では1GB以上のファイルはスキップ)処理も追加しました。

更に、エラーや警告が発生した際に後から確認するために実行結果を表示出来るようにしました(編集メニュー→最後の実行結果を開く)。

尚、今回は試しにx64(64bit)版も作成してみました。従来のMiGrep2本体はW32(32bit)アプリケーションで、Windows 64bit版でも実行出来るようにエクスプローラ拡張用DLLをW32版、x64版両方準備してインストール時に環境に合わせてセットアップしていました。

今回のインストーラーも無印版は従来通りWindowsが32bit版でも64bit版でも動作しますが、x64版はWindows 64bit版でしか動作しません。

※MiGrep2 x64版を使用する場合は、xdoc2txtのxd2txlib.dllもx64版を使用する必要がありますので、xdoc2txtのサイトからx64版を入手してください。

 

Mig160

 

無印版:ダウンロード - mig2setup.zip

 

x64版:ダウンロード - mig2x64setup.zip

 

※期待させておいてなんですが、x64版の実行速度はW32版と変わらないようです。今までのMiGrep2で困らない方は無印版が良いと思います。

 

 

| | コメント (6)

2021.01.04

なろう系Web小説DL&Kindle mobi化アプリNaro2mobi ver. 2.2

変更点)

  1. 「小説の連載状況を追加する」で、間違った連載状況が追加される場合があった不具合を修正しました。
  2. 「小説の連載状況を追加する」の「連載状況の識別」文字列が保存されていなかった不具合を修正しました。
  3. Kindle送信で送信に失敗する場合があった不具合を修正しました。

 

ダウンロード - naro2mobi22.zip

 

 

| | コメント (0)

2020.11.18

MiBarcode ver8.0.3フルパッケージ版の公開

昨日正式公開版がインストールできなとのコメントを頂いたため(本日、無事インストールできたとのコメントが有りましたので安心しました)、本体だけの公開となっていたVer8.0.3をインストーラー形式のフルパッケージ版として先行リリースします。

 

尚、バージョンは8.0.3のままですが、前回修正したクリップボード周りのエラー対策を更に強化しています。また、ヘルプファイルとサンプルファイルAuto_smp.xlsxを更新しています。

 

ダウンロード - mib803setup.zip

 

| | コメント (0)

2020.10.12

MiBarcodeインストーラーの不具合について

先日ある方から報告を頂いて確認した所、MiBarcodeのインストーラーに不具合があることがわかりました。

 

不具合内容:

インストール先にデフォルトフォルダ以外を指定するとインストール後のオートメーションサーバ機能の登録(「オートメーションサーバ機能を登録する」を指定していれば)と、初めに.txtの表示に失敗するというものです。

尚、この状態でも、MiBarcodeのオートメーションサーバ機能を使用しないのであればMiBarcodeを使用する上での問題はありません。

Err1_20201012110201Err2
 

MiBarcodeのインストール先をデフォルトフォルダ以外にした場合で、オートメーションサーバ機能を使用するための方法:

ファイルエクスプローラでMiBarcodeをインストールしたフォルダ内にあるAutoInst.batを選択して右クリックし、管理者として実行を選択して実行してください。

 

尚、このインストーラーの不具合は手許では修正済みですので、次の正式版公開時にはこの問題が解消される予定です。

 

| | コメント (3)

2020.07.28

MiGrep2 Ver1.50

コメントにあった開かれているファイルを検索すると動作異常を起こす不具合を対策してみました。

また合わせて、プレビューの行を折り返す・折り返さない切り替え機能を追加しています。オプションメニューから「プレビュー行を折り返す(O)」で切り替えできます。また、行を折り返さない場合には水平方向のスクロールバーを表示させるようにしています。

尚、2020.2.15の記事で記載した件についても、動作環境がWindows10の場合にはLZH書庫ファイルを検索対象から除外するようにしています(Windows7/8.1の場合は従来通りLZH書庫ファイル内も検索します)。

ダウンロードしたファイル内のMiGrep2.exeファイルををMiGrep2 Ver1.3をインストールしたフォルダに上書きしてください。

 

MiGrep2 Ver1.50本体をダウンロードする

 

 

 

| | コメント (0)

2020.05.02

なろう系Web小説DL&Kindle mobi化アプリNaro2mobi ver. 2.0

ログファイルを確認していたら、挿絵画像ファイルのダウンロードに失敗していることに気が付きました。
確認したところ、みてみんへのSSL接続に失敗しているようで、使用しているIndyコンポーネントのTIdSSLIOHandlerSocketOpenSSLの設定を色々と変えてみたものの解決できず、画像ファイルのダウンロードだけをIndyからWinINetに変更してみました。
変更後の確認結果では画像ファイルをダウンロード出来ないという事象は発生していないため取り急ぎVer.2.0としてアップします。
※もし画像ファイルをダウンロード出来ないとか、その他の不具合が発生した場合はコメント欄に書き込み願います。

 

Naro2mobi ver.2.0のダウンロード - naro2mobi20.zip

 
 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧