2021.10.07

スペック未達マシンにWindwos11その2

ネットを検索すると必要スペック要件を満たしていないPCにはインストール出来ない、無理やりインストールするためにはレジストリの書き換えが必要等の情報が出てきます。

私のPCに何ら警告もなくインストール出来てしまったのは何なのでしょうか・・・

Windows11のデバイスマネージャーで見てもTPM1.2と出てますし・・・実はTPM1.2+インテル第4世代CPUでもギリギリセーフだとか・・・

Tpm12

 

て言うか、Windows11になっても「コントロールパネル」が「すべての設定」にマージされなかったんですね。しかもWindwos10ではエクスプローラのフォルダツリーからコントロールパネルにアクセス出来たのに、Windows11ではメニューの深いところに行かないとコントロールパネルまで到達出来ないとか、ついでに言えばコマンドプロンプトも同じ場所にありました。

Controlpanel

  

エクスプローラのコンテキストメニューも階層に埋もれていたりと使いづらいです。

やっぱり当面は様子見ですね。

 

 

| | コメント (0)

2021.10.06

必要スペック未達マシンにWindows11を入れてみた

第4世代Core-i7 4770+TPM1.2という必要スペックに全く引っかからない私のメインPCにWindwos11を入れてみました。

とは言っても何が起こるかわからないので、メインSSDのパーティションを分割しWindows11のインストール領域として100GBを確保。そのパーティションにクリーンインストールしてWindows10とのデュアルブート環境としました。

インストールはWindows11をダウンロードするページの上から二番目「Windows11のインストールメディアを作成する」でUSBメモリにインストールイメージを書き込んで、USBブートでWindows11用に確保したパーティションをインストール先としてクリーンインストールしました。

私おPCスペックがスペックなので、もしかしてインストール途中で弾かれるのかとも思ったのですが、気持ち悪いくらいスムーズに最後までインストール出来てしまいました。

更には期待のWSLgも問題なく動作しました。

Win11_20211006150001

上記はubuntuターミナル上からsynapticとxeyesを起動させているところです。

 

また、拙作MiBarcodeもWindows11にインストールしたExcel2016上でオートメーションサーバ機能が問題なく動作するようです。

Mibarcd

 

とは言っても、あくまでも必要スペックを満足していないPCでWindows11を動かしているわけですから、これが正常に動作している状態なのかどうかわからない訳です。また、このWindows11がいつまで動作し続けるのか、それともいずれ動作しなくなるのか全くわからない状況ですので、私が公開しているアプリケーションがこの状態のWindwos11で動作確認を行ったからと言って、正式にWindwos11でも動きますとは言えないと思っています。

また、当面はWindows11のためにPCをアップグレードするつもりはありませんので(ATXのデスクトップPCで、マザーボード、CPU、メモリを交換すると最低でも4万円くらいかかりそう)、Windows11は動作保証対象外とさせていただきます(まぁ動くとは思うので、どうしてもWindows11で動かしたい方はあくまでも自己責任で)。

 

※て言うか、Windows10でのWSLgサポートはどうなったの?

 

 

 

| | コメント (0)

2021.08.18

コロナワクチン二回目の接種完了とその後の経過

7月28日に一回目の接種を受けていて、本日8月18日に二回目の接種を終えて来ました。

現在接種後30分を経過して特に異常は見られませんが、二回目の接種後に熱が出る方がいるようですのでどうなるでしょうか・・・

 

翌日19日:

体温は平熱。一回目と同様に注射した腕の痛みあり。

ところが、昼頃になって体がだるくなってきたため体温を測ると38.0度あった。念のため解熱剤を飲んで静養。

 

翌々日20日:

体温は平熱に戻った。まだ体が少しだるい感じがするものの静養するほどでもないので1日を普通に過ごす。

 

21日:

体温は平熱。腕の痛みもほとんどなくなり、体の調子も本調子に戻った。

 

ちなみに奥さんの方は二回目接種後は腕の痛み以外の副反応は出ませんでしたので、人によって副反応の出方に差があるということなんでしょうね。

 

予防接種当日と熱が出た翌日の二日間連続で休肝日となりました。お酒を飲むようになってから二日間の休肝日を取るのは初めてのことですが、そもそも休肝日自体を何年間も取っていなかったので、体を休めるという意味ではとても良い機会になったと思います。

 

 

| | コメント (0)

2021.07.29

コロナワクチン一回目の接種完了しました

昨日一回目の接種を終えました。

特に副反応のようなものはありませんでしたが、腕を上に上げると注射を打った当たりに鈍痛があります。まぁインフルエンザの予防接種を打っても似たような感じになることがありますので気にすることもないでしょう。

二回目は8月18日の予定です。一日も早く自分も周りの人も安心できる生活が戻って来ることを願っています。

 

それにしても隣県の某市では既に中学生を対象とした予防接種が始まっていたりして、この自治体毎の格差の大きさは何なんでしょうね・・・

 

| | コメント (0)

2021.07.13

Windows11をVirtualBoxに入れて見た

どうやらDEKOさんがWindows11 ReadyのノートPCを購入した模様です。私はどうするか決めていないのですが、もしWindows11対応にするのならマザーボード(+CPU&Memory)交換かなぁと考えています。

まぁとりあえずWindows11がどんな感じなのか、VirtualBoxに入れて試してみることにしました。とはいっても、まずはベースとなるWindows10をVirtualBoxにインストールしなければならないのですが、Windows10のインストールライセンスがありません。そこでもう使っていないWindows8(8.1)Pro版があったので、まずはVirtualBoxにWindows8.1をインストールして、次にWindows8.1をWindows10に無償アップグレードしました。

で次にインストールしたWindows10のWindows Insider Programを有効にしてWindows11にアップグレードしようとしたのですが、なぜかWindows Insider Programの種類の選択にDevチャンネルが表示されません。

そこでVirtualBox側の設定を色々といじったところ、

  • システム:マザーボードのメインメモリーを5GBにして(ポインティングデバイスはPS/2マウス、拡張機能はI/O APICを有効化にチェック)
  • システム:プロセッサ数を4
  • システム:アクセラレーションの準仮想化インターフェイスをHiper-V、ネステッドページンを有効化にチェック
  • ディプレイ:スクリーンのグラフィックスコントローラをVboxSVGA、3Dアクセラレーションを有効化にチェックを入れてビデオメモリーを256Mにする(256Mにしてしまえば3Dアクセラレーションは無効にしても大丈夫なようです)

の設定でDevチャンネルが表示されて選択できるようになりました。

※これはあくまでも私の環境の場合(第4世代Core-i7 4770, Meory 8GB, TPM1.2, Video Interl 4660)ですので、必ずしも同じ設定にしたからと言ってWindows11をインストール出来るようになるとは限りません。

 

VirtualBox上のWindows11の動作ですが私の環境ではあまりレスポンスが良くありません。これがネィティブで動作したときにサクサク動くのかどうかは気になりますが、とりあえずこの状態で拙作のMiGrep2とMiBarcodeを動かしてみました。

MiGrep2はファイルエキスプローラ上でのコンテキストメニュー拡張に問題は無いようで、エクスプローラ上で右クリックして表示sれるメニューから「MiGrepでGrep...」を実行することでMiGrep2が起動して検索してくれます。

MiBarcodeの方も動作状況に問題は無いようで、オートメーションサーバ機能も動作しています。

尚、VirtualBoxのアプリケーションタイトルがWindows81.となっているのは、前出の通り最初にWindows8.1をインストールしたからです(^^;
Win11

今回Windows11で興味があったところとしてWSLgによるLinux GUIアプリケーションの起動があったのですが、残念ながらUbuntuのインストールがうまく出来ずLinux GUIの動作確認は出来ませんでした。

Win11wsl_20210713102001

 

原因は判りませんが、もしかするとVirtualBoxの仮想環境で動いているWindows11から更にHiper-Vの仮想環境を動かすことが出来ないのかも知れません。

 

 

| | コメント (0)

2021.07.12

電動丸のこ用スタンドを購入

Amazonで電動丸のこ用スタンドを見つけました。手持ちのリョービW-1700(165mm)でも使えそうだったのと値段も手頃だったので購入してみました。

 

裏側がこんな感じになっていて、4箇所の留め具で電動丸のこを固定します。

Dsc_1399_50

 

固定するとこんな感じになります。

Dsc_1402_50

 

固定後はこんな感じになります。

Dsc_1403_50

Dsc_1405_50

 

で、こんな感じで使います(切断中の感じを見せる写真を写すために、一旦丸のこの回転を停止しています)。

Dsc_1410_50

 

電動丸のこを固定するための位置決めなどはなく、スリットの中央になるように手動で位置を調整する必要があったり、切断位置決め用ガイドも水平位置を出すための機構がないので、のこ刃の入口と出口それそれのガイドの距離を測りながらガイドを固定する位置を決めたりする必要があるのですが、一旦位置を決めてしまえば安全かつ安定して正確な寸法で切断出来ますので、より精度の高い材料切り出しが出来るようになりました。

以前購入した小型の電動丸のこやジグソーも使い分けることで、より完成度の高いダイソー300円スピーカー用エンクロージャー造りが出来るようになるでしょう・・・何を追い求めているのかは自分でも判りませんが(^^;

 

| | コメント (0)

2021.06.28

WhyNotWin11

私のPC(Amazonで購入した中古整備済み品)はPC正常性チェックによるとWindows11を実行できないそうですが、

Notwin11

何故だめなのかが良くわからない(といいますか、CPUがcore i7-4770なこととTPMバージョンが1.2で対象外なことはわかっているのですが )ので、DEKOさんのツイッター情報を元に確認してみました。その結果、によると・・・

Windows11

やっぱりCPUとTPMバージョンはだめでしたが、その他の条件は大丈夫そうなことがわかりました。

CPUとTPMがだめな時点で致命的なんでしょうけど、このPC自体は私が使用するには十分すぎる性能だと思っていて何の不満もないので、何とかならんのかと思う次第です。

まぁ絶対に即Windows11にしなければならないという理由もないですし、当面は様子見でしょうか。

 

 

 

| | コメント (0)

2021.06.14

Delphiでのコンソール表示について

コンソールアプロケーションであるalphadl ver1.2のバージョンアップに当たり、Delphiでのコンソール表示について少し調べたので備忘録としてメモしておいきます。

 

参考情報は

Microsoft Docsの「コンソール関数(Windows Console)

Mr.XRAYさんの「510_コンソールアプリケーションの作成

です。

 

以下がコンソール表示位置を制御するサンプルプロジェクトとなります。

 

 


program Console_Test;

{$APPTYPE CONSOLE}

{$R *.res}

uses
System.SysUtils,
Windows;


var
i, j, hdrlen, prglen, prg: integer;
hConOut: THandle;
CSBI: CONSOLE_SCREEN_BUFFER_INFO;
CCI: CONSOLE_CURSOR_INFO;
header: string;

begin
SetConsoleTitle('コンソール表示制御のテスト');
hConOut := GetStdHandle(STD_OUTPUT_HANDLE); // コンソール出力のハンドルを取得
GetConsoleScreenBufferInfo(hConOut, CSBI); // スクリーン情報を取得
Writeln('Width = ' + IntToStr(CSBI.dwSize.X)); // 現在のコンソールの幅を表示

GetConsoleScreenBufferInfo(hConOut, CSBI); // スクリーン情報を取得
GetConsoleCursorInfo(hConOut, CCI); // カーソル情報を取得
CCI.bVisible := False; // カーソルを非表示にする
SetConsoleCursorInfo(hConOut, CCI); // カーソル状態を設定する

header := 'Progress:[';
hdrlen := Length(header);
prglen := CSBI.dwSize.X - hdrlen;

// コンソールの幅に合わせて進捗状況のようなものを表示させる
prg := hdrlen + 1;
for i := prg to CSBI.dwSize.X do
begin
SetConsoleCursorPosition(hConOut, CSBI.dwCursorPosition);// カーソル位置を最初に取得した位置にする
Write(header);
for j := hdrlen + 1 to CSBI.dwSize.X - 1 do
begin
if prg <= j then
Write('.')
else
Write('#');
end;
Write(']');
Sleep(20);
Inc(prg);
end;
CCI.bVisible := True; // カーソルを表示する
SetConsoleCursorInfo(hConOut, CCI);
Writeln('');
Write('Hit Any Key :'); // キー入力待ち
Readln;
end.

 

実行しているところ

Contest

 

 

 

| | コメント (0)

2021.06.09

ダイソー300円スピーカーをダブルバスレフエンクロージャーに入れて見た

前回は9mm厚のヒノキ板材でエンクロージャーを作りましたが、切断したりするのに手間がかかったため今回は初心に戻ってダイソーの6mm厚MDF材を使用しました。

材料の切り出しは前回購入した電動丸ノコを使用したので、結構楽に作業することが出来ました(せっかく買ったので少しでも元を取らないと)。

 

ダブルバスレフの構造ですが、画像検索して出てきた板材だけで構成されていて作りやすそうなものを選びました。

 

で、製作途中の写真がこちらです。

Dsc_1382_29

 

このあと、スピーカー側の内側には吸音材としてダイソーで購入したフェルトを貼り付けました。

 

で、完成したのがこちらです。

Dsc_1384_50

 

正面から見るとバスレフポートがスリットになっていて、これで低音がちゃんと出るのかな?と思いましたが前回作ったバスレフスピーカーと聴き比べたところ、今回のダブルバスレフのほうが低音が出ています。しかも、ダブルバスレフの方が「重い」低音が出ています。音を言葉で表現するのは難しいのですが、よりずっしりとした低音が出ているという意味で「重い」と言ってみました。

尚、これはあくまでも私が感じた個人の感想です。

 

ネットで検索したところでは、トリプルバスレフに挑戦している方もいらっしゃるようですので、次回は私も挑戦してみようかなと思っています。

 

ちなみに、前回CanDoの税込み550円スピーカーを使った工作も云々と言っていましたが、私が住む田舎で家から一番近いCanDo(場所は隣県で車で30分)では550円スピーカーは売っていませんでした。次に近いCanDoまでは車で40分以上かかりますので、取り敢えずは保留です。

 

 

| | コメント (0)

2021.05.24

ヤマボウシの花

庭にシンボルツリーとして植えて6年目、ヤマボウシの花がやっと咲き揃いました。今までは花が咲いても10個程度で残念な思いをしていたのですが、今年は見事に咲き乱れています。

来年以降も更に沢山の花が咲きますように。

Dsc_1379_50

 

こちらは毎年「ちゃんと」花が咲き乱れるエゴノキです。

Dsc_1380_50

 

で、最後に中々どんぐりが出来ないシラカシの木です。

Dsc_1381_50

新芽は出るものの花が咲かないんですよね。来年に期待。

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧