« Haiku OS R1/Beta3がリリースされています | トップページ | MiGrep2 ver1.8試作版 »

2021.07.31

Haiku OSの続き

Haiku OSのパッケージマネージャーHaikuDepotのおすすめパッケージリストを見ていたらvmware_addonsというパッケージを発見しました。もしやと思ってVirtualBoxのAddOnもあるのかと思って検索したのですがこちらはありませんでいた。

Vmwareaddons

ということでせっかくVMWareのAddOnがあることが判ったのでVMWare WorkSstation Playerをインストールした上でHaiku OSをインストールして見ました。

インストールしたHaiku OSの最終的な環境設定は以下の通りです(何とVirtualBoxとは違ってプロセッサ数4でも動作します。また別途ワークアダプタはNATでも問題ありませんが、ブリッジの方が通信速度が上がる気がします)。

Vmhaikusetting

 

昨日の記事ではLibreOfficeもインストール出来るよとしか言っていませんでしたが、実は現時点のHaikuDepotには依存関係の自動処理が不完全なようでインストール中に以下のようなエラーが出ることがあります(複数回出ることもあるようです)。

Libreofficeerror1

このようなエラーが出た場合は、エラーメッセージの最後を記録して(この場合はkauth)、HaikuDepotを再起動した上でその単語を検索してインストールします。その後改めてLibreOfficeをインストールします。尚、このエラーは複数回発生する可能性がありますが、その都度同じ作業を繰り返して下さい。

尚、LibreOfficeのインストールに成功したら、追加でlibreoffice_jaパッケージをインストールして日本語化しましょう。

 

以下はLibreOffcie Calcを起動して最大画面にしたところです。Haiku OSのタスクバーは標準では右上ですが、タスクアイコンが並んでいるところの右側のグリッドをマウスでドラッグすることで移動することが出来ます。以下の例ではWindowsのように下側にレイアウトしています。

Libreoffice2

 

今回、改めてVMWare Workstatuin PlayerにHaiku OSをインストールしてみましたが、

  • プロセッサ数2までの制限がない
  • スクリーンサイズもVirtualBoxではVESAモードのため変更できるサイズが4:3に限られているのに対して16:9のさまざまなサイズも選択出来る(HaikuDepotでvmware_videoパッケージをインストールすると更に選択の自由度が上がる)
  • 動作スピードもVirtualBoxと比較して明らかに軽い
  • vmware_addonsをインストールすることで使い勝手が向上する

といったメリットがあるため、Haiku OSを使ってみたいという方はVMWare Workstation Playerへのインストールをおすすめします。

 

 

 

|

« Haiku OS R1/Beta3がリリースされています | トップページ | MiGrep2 ver1.8試作版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Haiku OS R1/Beta3がリリースされています | トップページ | MiGrep2 ver1.8試作版 »