« Lazarusでの日本語文字コード処理について | トップページ | Naro2Mobi ver1.7 »

2018.09.28

Lazarus用のレポートコンポーネントについて

過去にDelphiで作成した計測データから判定値とグラフをレポートにするアプリケーションを、今後のメンテナンスのためにLazarusに移植したのですが、レポートコンポーネントでちょっと苦労したもののうまく解決出来たので情報を共有しておきます(実は前の2つのLazarusの記事も、この作業の中で出てきた課題を解決した結果を書いています)。
 
もともとDelphi(7)ではレポート作成にLightReportコンポーネントを使用しており、その後Delphi XE2でDEKOさんのところのLightReport2コンポーネントに置換して使用していました。
一方、Lazarus1.8でのレポート作成用コンポーネントは「パッケージをインストールもしくはアンインストール」で表示されるLazReportがあるのですが、これが使いづらくて(と言いますか、使い方がよくわからない)、LightReport2からの置換が出来ませんでした。そこで何か良いレポート作成コンポーネントがないかと探したところ、Fortes Reportコンポーネントを見つけました。
このコンポーネントはLazarusだけではなくDelphiにも対応しています。配布アーカイブを解凍したフォルダ内のpackagesフォルダ内にあるfrce.lpkがLazarus用、frce.dpkがDelphi用です(Delphiでの動作確認は未実施)。
 
このFortes Reportの各コンポーネントを用いることで、今回の場合に置いてはLightReport2の必要な全てのコンポーネントを置換することが出来ました。また、レポートのデザインもLightReport2と同じ感覚で行うことが出来ますので、LazarusでLightReport2と同じようなことを実現したい方には良いのではと思います。
 
レポートデザインの様子
Designwd
 
動作状態
Sample
 
 
プロジェクトサンプル
「fortesreport.zip」をダウンロード
 
 

|

« Lazarusでの日本語文字コード処理について | トップページ | Naro2Mobi ver1.7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lazarus用のレポートコンポーネントについて:

« Lazarusでの日本語文字コード処理について | トップページ | Naro2Mobi ver1.7 »