« 2018年5月 | トップページ | 2018年8月 »

2018.07.21

Delphi Community Edition

EmbarcaderoからC++Builder/Delphi Comunity Editionがリリースされています。機能的にはProfessional Editionと同等となっているようです。
公式ページではMacOSやいOS, Android向けのマルチプラットホームがアピールされていますが、個人的には64bit Windows用のアプリケーションも作成出来るようになったことが嬉しいところです(まぁ絶対に必要というわけでもないのですが)。
尚、一番嬉しいことはデバッグ時に変数の中身をツールチップ表示出来るようになったことです。Delphi/C++Builderには元々この機能はあったのですが、Starter Editionでは削られていたためデバッグ時の変数内容確認がとても不便でした。
Debugtips

昔Delphi XE2まで使用していたProfessional版では当たり前だったデバッグ作業に対して、Startter Editionでは若干の苦痛を伴っていましたが、これで昔ながらのやり方が出来るようになってDelphiでのデバッグ作業が楽になりそうです。

#ただ気になるのはCommunity Editionのライセンスが1年間となっていて、今の所は1年後に更新出来るようになっているようではあるものの、Embarcaderoの方針変更で1年後(もしくは数年後)には使用出来なくなったりしないかということでしょうか。
#まぁその時はLazarusで頑張るという手もあるのですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年8月 »