« Inno Script Studioを使用してセットアップファイルを作成する(修正版) | トップページ | MiBarcode Ver7.2正式版を公開しました »

2017.09.27

Lazarus1.8RC4クロスコンパイルでの実行結果その2

Windows上からのX86_64-Linux版クロスコンパイルにてリンクの途中でエラー(Error while Linking)になる問題ですが、その後の調査でどうもリンク時にライブラリが不足しているために発生しているようで、プロジェクトソースに以下の指示を追加することでエラーを回避出来ることがわかりました(根本原因がはっきりしないので、すっきりはしないのですが)。

program Project1;
 
// ここから
{$ifdef Linux}
  {$ifdef FPC_CROSSCOMPILING}
    {$ifdef CPUARM}
      //if GUI, then uncomment
      //{$linklib GLESv2}
    {$endif}
    {$linklib libc_nonshared.a}
  {$endif}
{$endif}
// ここまでを追加する
 
uses
  Forms, tachartlazaruspkg, Interfaces,
  Unit1 in 'Unit1.pas' {Form1};

で、作成したx86_64-Linux版の実行ファイルをVirtualBox上のUbuntu64bit版で実行した結果です。
Ubuntu64
おーーーー!ちゃんと動きました。

残った課題はArm-Androidですが、VectPressさんのLazarusでAndroid開発環境を構築してみましたといった情報もありますので、無理して自力でやることもないのかも・・・

|

« Inno Script Studioを使用してセットアップファイルを作成する(修正版) | トップページ | MiBarcode Ver7.2正式版を公開しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lazarus1.8RC4クロスコンパイルでの実行結果その2:

« Inno Script Studioを使用してセットアップファイルを作成する(修正版) | トップページ | MiBarcode Ver7.2正式版を公開しました »