« Lazarus1.8RC4とクロスコンパイル環境の構築 | トップページ | Inno Script Studioを使用してセットアップファイルを作成する(修正版) »

2017.09.23

Lazarus1.8RC4クロスコンパイルでの実行結果

クロスコンパイルに成功したi386-Linuxとarm-Linux用の実行ファイルが動作するかどうか確認しました。

尚、テスト用のプロジェクトは前回作成した正規乱数発生テスト用のものを用いいました(ソースコードは修正無しでコンパイル出来ました)。

i386-Linux・・・VirtualBox上のUbuntu32bit版で確認した結果、
Randtest
おーーーー!正常に動作するようです。

arm-Linux・・・Raspberry Pi3+Raspbian Pixelで確認した結果、
Randtestrasp
おーーーーーーー!こちらも正常に動作しました。

とりあえず、あとはx86_64-Linuxとarm-Androidがなんとかなるのかどうかです。今後の課題として、暇な時に取り組んでみたいと思います。

|

« Lazarus1.8RC4とクロスコンパイル環境の構築 | トップページ | Inno Script Studioを使用してセットアップファイルを作成する(修正版) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lazarus1.8RC4クロスコンパイルでの実行結果:

« Lazarus1.8RC4とクロスコンパイル環境の構築 | トップページ | Inno Script Studioを使用してセットアップファイルを作成する(修正版) »