« 送るメニューに「圧縮 (パスワードZIP形式)フォルダー」を追加する | トップページ | MiBarcode ver7.2先行版の公開 »

2017.08.05

Visual studio community 2017でOutlookアドインを作成する

Visual studio community 2017でOutlookアドインを作成してみました。といっても、VS2015で作成したアドインをそのまま2017に移植しただけです。VS2015でOfficeアドインを作成するためにはOffice Tools for VS2015を別途インストールする必要がありましたが、VS2017では標準でOfficeアドインを作成出来るようになりました。但し、セットアッププロジェクトを作成するためには、Microsoft Visual Studio 2017 Installer Projectsをインストールする必要があります。
尚、Officeアドインが標準となったことが原因かどうかは判りませんが、VS2015のソリューションプロジェクトを開くことは出来るものの実行させるとエラーが発生してしまうため、VS2017で一からプロジェクトを作成し直しました。

新しいプロジェクトの作成でVSTOアドインを選択できます。
Newproj_2


プロジェクトメニュー→新しい項目の追加でリボン(ビジュアルなデザイナー)を追加
Ribbon_2


ボタンを追加してイメージやキャプション等を編集
Ribbonedit


ツールメニュー→NuGetパッケージマネージャー→ソリューションのNuGetパッケージの管理で、Ionic.Zipを検索してプロジェクトに追加
Nuget


であとはVS2015で作成したプロジェクトのコードをコピペで編集して終了。

今回はOutlookアドインプロジェクトとセットアッププロジェクtのソリューションソースを置いておきます(不要と思われるファイルを削除したので、何か足りないかも知れませんが・・・)。
尚、何も考えず適当に作り始めたので、アドイン名がデフォルトのOutlookAddIn1のままだったりしますが気にしないで下さい・・・

「OutlookAddIn1.zip」をダウンロード

#アドインの機能はVS2015で作成したものと同じため、今回はセットアップファイルはアップしません(といいますか、名前がOutlookAddIn1のままなのでちょっと恥ずかしい)


|

« 送るメニューに「圧縮 (パスワードZIP形式)フォルダー」を追加する | トップページ | MiBarcode ver7.2先行版の公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Visual studio community 2017でOutlookアドインを作成する:

« 送るメニューに「圧縮 (パスワードZIP形式)フォルダー」を追加する | トップページ | MiBarcode ver7.2先行版の公開 »