« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017.03.29

MiGrep2試作版

長らく放置していたMiGrepですが、昔のようにMiGrepを使用してプログラムソースファイルやOfficeファイル内の検索を行いたくてDelphi10.1上で一から作り直しています(と言いますか、昔のプロジェクトソースは文字コードがShift-JISベースですが、現在のDelphiはUnicodeベースになっているため、どこにどう手を入れれば良いのか状態だったので・・・)。
今回、正規表現ユニットには小宮秀一さんのSkRegExpユニットを使用していますm(__)m
また、Officeファイル内検索には旧版MiGrep同様にhishidaさんのxdoc2txt2.16.1を使用しています。但し、以前はコマンドライン版のxdoc2txt.exeを使用して作業ファイルを介してテキスト検索していましたが、今回はダイナミックリンクライブラリー(DLL)を使用してMiGrep内部でOfficeファイルをテキスト変換して検索するようにしています。但し、コマンドライン版に比べて速度がどうなのかは確認していません。
尚、ホームページの説明によれば、
Ver2.0の実行には、以下のパッケージの導入が必要です。
「MMicrosoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (x86)」
とあります。
私の環境では正常に動作しましたが、もし問題があるようでしたら上記パッケージのインストールが必要かも知れません。

MiGrep2
Migrep2jpg

オプション設定パネル
Option

・あいまい検索時は旧MiGrepと同様に大文字/小文字、カナカナ/ひらがな、半角/全角を同一視します。
・文字コード自動変換機能は未実装です(実装予定あり)。現時点では多分Shift-JisとUnicodeの検索は大丈夫だと思います。
・エクスプローラー拡張機能は未実装です(実装予定あり)。
・検索結果からの置換機能の実装予定はありません。
・現時点で、直近の履歴が保存されない不具合が確認されています(修正予定あり)。


MiGrep2試作版のダウンロード

尚、試作版ですので動作に関しては一切無保証です。

不具合報告や要望等の書き込みを歓迎します(鋭いツッコミはなしで・・・)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »