« 2016年10月 | トップページ | 2017年1月 »

2016.12.04

Waveknife2+ソースコード

一応ソースファイルを置いておきます。

このソースプロジェクトはEmbarcaderoが無償公開しているDelphi10.1 Berlin Starter Editionでビルドすることが出来ますが、その前にいくつかの準備が必要です。

必要なコンポーネント
TShellAboutDialog:
Waveknife2の作者である河村進さんが公開しているコンポーネントです。河村さんのホームページ内の開発者のページで公開されています。

WOPlayer:
ソースファイル内にあります。regwoply.pasとWOPlayer.pasをコンポーネント用のフォルダにコピーしてコンポーネントの登録でユニットファイル名にregwply.pasを指定してインストールします。

Drag and Drop Conponent Suite;
Githubから最新版を入手出来ます。
ダウンロードしたファイルを解凍してPagagesフォルダ内にあるdclDragDropDR101B.dprojまたはdclDragDropDR101B.dpkでインストールします。尚、ソースファイルには数カ所の間違い(コンパイルエラーが出る)がありますので少し修正が必要です。

尚、WOPlayerは必須ですが、TShellAboutDialogはバージョン情報を表示しないか自前で準備するのであれば不要、Drag and DropComponent Suiteもファイルのドラッグアンドドロップが出来なくても良いというのであれば不要です。但し、ソースコードからこれらの処理部分を削除・修正する必要があります。

「wvknife2src.zip」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.03

@homepageサービス終了によるホームページの移設について

一応移設しました。

M&Iのページ

中身は以前のまま放置された状態ですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Waveknife2+(音声録音)ソフトの改造版

Windows上で再生中の音声を録音してみたくて色々とネット上を探していたところ、河村進さんが公開されているWaveknife2というDelphi製のソフトに行き当たりました。公開アーカイブにはDelphiのプロジェクトソースも含まれており、改変・再配布自由とのことでしたので、Delphi 10.1 Berlinで再構築してみました。
このWaveknife2は連続録音の他に、連続して流れている音楽等を曲の間の無音状態を検出してファイルを切り分けることも出来るため使い方によっては便利そうです。

ついでなので、少し機能も追加しています。
・環境設定ファイルをAppDataフォルダ内に保存するように変更
・録音したファイルをマイミュージックフォルダに保存するように変更
・自動開始・終了タブを追加し、タイマー録音・停止機能と一定時間無音状態が 続いた場合に録音を停止する機能を追加
・標準添付のヘルプファイルが表示できないためボタンを終了ボタンに変更
※録音機能は機能しますが、全ての機能が正常に動作するかどうかは確認していませんので、不具合があるかもしれません。

取り急ぎ実行ファイル本体のみを公開します。

Windows7
Wvknife2

Windows10
Waveknife2


Waveknife2実行ファイル本体(ZIP書庫ファイル)のダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MiBarcode Ver7.02

コメントを受けて、クリップボードへのコピー処理回りを見直してみました。
但し、Excel2016は持っていないので、事象が改善されているのかどうかは不明です。

MiBarcode Ver7.02本体のみZIP書庫ファイルのダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2017年1月 »