« TEADLOAD for Windows7 64bit改良版 | トップページ | Delphi XE2 »

2011.05.31

Delphi言語でWindows7 64bit用シェル拡張プログラムを作成する(まとめ)

1)Lazarus Windows 64 bitを準備する

2)DLLを作成するにはppumove.exeが必要だが、Lazarus 64bit版をインストールしただけではFPC\x.x.x\bin\x86_64-win64フォルダにppumove.exeは存在しないので、FPC Windows 32bit版からコピーする

3)ID: 27554, 64bit Windows Explorer shell extension libraryを入手する(EDNアカウントが必要)

4)ここを参考に日本語の処理を加える(Lazarusの文字コードであるUTF8をWindows7で使用するUnicodeに変換するためにはUTF8EncodeUTF8Decodeを使用する)

5)Lazarusで構築するのだが、「全て構築」では最後にエラーとなりDLLが作成されないため、「高速コンパイル」を実行する(最後にエラーとなるがDLLは作成されている)・・・これは私の閑居だけの問題かも知れない

以上でWindows7(Vista) 64bit版のシェル拡張プログラムをDelphi言語ベースで作成することが出来る。
作成されるDLLサイズはちょっと大きいが気にしないこととする(^^;

あとはDelphi 64bitコンパイラの登場を待つばかり・・・

|

« TEADLOAD for Windows7 64bit改良版 | トップページ | Delphi XE2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Delphi言語でWindows7 64bit用シェル拡張プログラムを作成する(まとめ):

« TEADLOAD for Windows7 64bit改良版 | トップページ | Delphi XE2 »