« MiBarcode Ver6.0正式版 | トップページ | MiBarcode Ver.6.21 »

2011.02.27

MiBarcode Ver6.11

ファイルに保存する際の画像の種類指定が無視される問題を修正しました。ついでにJpegでの保存も出来るようにしています。
保存するファイル名は拡張子まで指定してください。拡張子を指定しない場合はBipmapとして保存されます。
なお、オートメーションサーバやコマンドライン起動でも拡張子を判別して正しい画像ファイルで保存することが出来ます。

尚、以下はMiBarcodeの実行ファイルのみです。すでにインストール済みのMiBarcde.exeに上書きして使用してください。

「mibar611.zip」をダウンロード

|

« MiBarcode Ver6.0正式版 | トップページ | MiBarcode Ver.6.21 »

コメント

いつも利用させて頂いております。
不具合がありましたのでご報告します。
MiBarcode Ver6.00~6.11 で作成したQRコードを読み取ると、最初の1文字しか読み取れないようです。

Ver5と比べたところ、QRコード2の出力結果が違うようです。
アプリ単体で起動し、初期設定のままで確認しました。

投稿: hiro | 2011.03.08 12:09

追記です。
↑の現象は、データ文字列を1バイト文字のみにした場合です。
2バイト文字で確認したところ、文字化けしたデータが読み取れました。
Unicode文字をSJIS文字として処理してしまっているような感じでした。

投稿: hiro | 2011.03.08 13:04

すみませんm(__)m
開発環境Delphi2010では、文字コードがShift_JisからUnicodeに変更されていたことを失念していました。文字列データの受け渡しに変換処理を挟む修正を加えますのでしばしお待ちください。

投稿: M&I | 2011.03.09 07:58

修正正式版をHPの方にアップしました。
Ver6.2となります。

投稿: M&I | 2011.03.13 23:45

Mibardoceを愛用させて頂いてます加藤と申します。

ExcelVBAでオートメーションサーバーで使っていて以下のエラーがが出る事があります。(必ずではありません)
Excel2013では頻繁にでます。

「クリップボードアクセスが拒否されました。を開けません」
コーディングは以下の流れです

  Set Mibar = New Mibarcode.auto
  MiBar.CodeType = 2

Do データが有るだけ繰り返し
MiBar.Code = Codeの値
RC = MiBar.Execute <=エラーの出る場所
Activecell.PasteSpecial     
Loop
  Set Mibar = nothing

 回避のヒント頂けると有り難いです。


  

 

投稿: 加藤 威 | 2017.05.10 20:07

ご使用ありがとうございますm(__)m
最新版のver7でも同じ症状が出ますでしょうか。ver7でクリップボード回りを見直していますので、もしかすると改善出来ているかも知れません。また、クリップボード監視をONにしていると、Excelのクリップボードと干渉する可能性も考えられます。
Windowsのバージョン、Mibarcodeのバージョン、クリップボード監視On/Off、ExcelとMibarcodeのどちらが先に起動しているか等、差し障りがなければ詳しい状況を教えてください。

投稿: MI | 2017.05.12 04:35

MiBarcodeでクリップボードを使わずにExcelにバーコードを貼り付ける方法を思いつきました。
方法:
Execute実行後、SaveFile(ファイル名)でバーコード画像を保存し、Excelのセルに読み込むことで、クリップボードを一切使用せずにすむ。

MiBar.Execute
'保存する画像ファイル名
pfname = "C:\temp\barcode.bmp"
'画像を保存
MiBar.SaveFile (pfname)

'カーソルをセットする処理
Cells(i, 1).Activate
'保存した画像をセル位置に読み込む
Set barimage = ActiveSheet.Shapes.AddPicture( _
Filename:=pfname, _
LinkToFile:=True, _
SaveWithDocument:=False, _
Left:=Selection.Left, _
Top:=Selection.Top, _
Width:=0, _
Height:=0)
'挿入した画像に対して元画像と同じ高さ・幅にする
barimage.ScaleHeight 1, msoTrue
barimage.ScaleWidth 1, msoTrue

これでクリップボードを一切使用せずに作成したバーコードをExeclに貼り付けることが出来ると思います(Excel2010で確認しました)

・・・で、MiBarcodeのバグも発見しました(^^;
1)Bitmapでないと画像ファイルへの保存が出来ない
2)プロパティCopyTypeが機能していない

ということで上記を実現するためには、まずはMiBarcodeを単体で起動して、コピーの種類をBitmapにする、クリップボードとの鑑賞をなくすために自動コピーとクリップボード監視をOFFにする必要があります。

尚、これらの不具合は次のバージョンアップで修正したいと思います。

投稿: M&I | 2017.05.15 17:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22406/50987507

この記事へのトラックバック一覧です: MiBarcode Ver6.11:

« MiBarcode Ver6.0正式版 | トップページ | MiBarcode Ver.6.21 »