« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.06.06

MICapture Ver1.0.0.11

 実は終了時のファイルを閉じる処理を一般的な問合せ方に変更するも未完成(^-^;

 今回の変更点は、画像を「形式を選択してコピー」する機能追加と、矢印を「真横」に引いたときに矢印が描画されない不具合の修正です。「形式を選択してコピー」はアクティブな画像をJpeg,GIF,PNGのいずれかのフォーマットでクリップボードにコピーする機能です。

 MicrosoftのOffice製品では、図形を「形式を選択して貼り付け」で「図(JPEG)」、「図(GIF)」、「図(PNG)」でコピーすることが出来、Bitmap形式でのコピーに比べてファイルサイズを小さくすることが出来ますが、この機能はこれを逆手に取って、MICapture側であらかじめJpeg、GIF、PNG形式でコピーしてしまおうというものです。例えば、MICapture側で「形式を選択してコピー」でJpegでコピーすれば、PowerPoint2000等では「普通に貼り付け」るだけでJpeg形式で貼り付けできてしまいます。

#便利な方にはとても便利で、不要な方には全く不要な機能ですね(^^;

「MICapture.zip」をダウンロード

#実現方法は近日中にメインHP上のDelphi小技で紹介予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.01

MiBarcode5.3.0.1

正式公開版はVer5.1、NightliBuild版は5.3.0.0→5.3.0.1。Ver5.2はどこにいった・・・
#途中で何か更新していたような気もするのですが記憶が・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MiBarcode5.3.0.1

 クリップボードへのコピー時に、コピーしたデータの前後の空白を除去するオプションを追加。編集メニュー→コピーオプション→前後の空白を除去でON/OFFできます。但し、このオプションをONにした場合、作成するコードの種類に関らず前後の空白を除去するので、QR2コード等で前後に空白を含んだデータを用いる際にはご注意。
合わせて、バーコードの作成に失敗した場合に「エラーメッセージ」をクリップボードに送るようにしました。今まではバーコードの作成に失敗した場合、その直前に作成されたバーコードがそのまま貼り付けられていましたが、エラーメッセージを貼り付けることでマクロ等で自動処理を行っている際に、エラーの発生がわかりやすくなったのでは思われます(かえって邪魔だ!とう意見があれば見直しますのでご意見下さい)。

 また、今回クリップボード監視部分を改めて眺めて見たところ変な部分があったので修正しています。副作用はないと思いますが、もしおかしいところがあれば連絡下さいm(__)m

「mib5301.lzh」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »